独立した「ブティック」翻訳者

の観点から見ると。。。

メリアム・ウェブスター

のオンライン辞書では、boutiqueを次のように

定義されています:

. . .

2:高度に専門化されたサービスまたは製品を提供する

    小さな会社 

  • ブティックワイナリー

  • 独立した投資ブティック

​​

新世代 (ああ、またか...) ヨーロッパの

ショップ・イン・プショップと言う「コンセプトストア」は、

ライフスタイルのテーマを自然に融合させているようです。

米国のブティックの法律事務所でさえ、法律専門職の将来

として宣伝されている。​大手翻訳会社は遍在するインターネットによって推進されましたが、最近ではITの「eコマース」では、専心的な高品質のニッチサービスを提供する新世代の翻訳家を育成することです。

マクロとミクロ グローバルLSP(どこにでもオフィスを構える翻訳サービスプロバイダ)の間では、品質と価格の幅が広い対応にもかかわらず、どの分野でも言語にも関係なく、一瞬で多くの単語を翻訳します。しかし、ここでの注意点は、こう言う大企業がスケールメリット(規模の経済)を求めているため、通常顧客が翻訳者を選べないし直接連絡も取れない。その王国では、下手をすると「顧客と翻訳者の長談義」はしばしば逆効果にらる傾向があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だけど 協議って、重要ですね。もしそうでなければ、単純な誤りや良いコトづくりを伝えようとする試みは悪化するでしょう。。。ようするに、翻訳で失われてしまうもの?せめて直感的に分かる英文を伝えたいと思います

言葉づくり(レトロ・ビンテージ一派)利益と名声と娯楽として、ブティック翻訳者は、言葉や知覚の変化による 魔法の世界を構成する必要があります。その後、翻訳の仕上げは手作りで成果をあげることができます。そのための基本は、信頼性の高い正確性、正直さ、および面倒見に基づいた顧客との持続可能な関係を構築することです。若干謙虚な献身は 理想ですが、成功するのは簡単ではない。やはり必要なのは(ここで 皆とご一緒に)「グリット」(ようするにやり抜く力)です。

この私共の高貴な職業の一環として、ブティック翻訳家の能力は(AI−CATを利用しても)、大量・最短翻訳を依頼する顧客にたいして、言うまでもなく許容される品質を持つ完成度は先々の事で考えます。一方重要資料などを優先順位を考量していただくにつれて、競争力のある料金で専門的な付加価値サービスをコミットメントする対応は現在可能です。

 結局その意図はクライアントのブランド価値を国際的に強化することではありませんか。​

(「ごもっとも!」 と廊下から若手議員がささやいた。)

Autumn leaves @ BJ Honyaku